読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長のための社内SNS 『nanoty』 スタッフブログ

社内SNSの使い方をまとめたnanotyのスタッフブログです。

社内SNSを導入した企業の事例・関連ニュースまとめ

こんにちはnanotyBPスタッフの加藤です。
弊社でも導入している社内SNSですが、近年多くの企業が導入を行っています。
これから導入を考えている企業も多いのではないでしょうか?
弊社のサービスnanotyBPは30日間無料で全ての機能が利用できるので是非!

 

今回は社内SNSに関連したニュースや企業の導入事例をまとめてみました。
企業が実際に導入した声や、社内SNSに関するニュースなど社内SNS導入の参考になればと思います。

ユニクロ社員が熱望した「褒める社内SNS

http://p.tl/aZfn

従業員の満足度と組織の生産性向上を目指す、ほめる社内SNS「Pozica(ポジカ)」を開発中だ。

 

社内SNSを盛り上げるゆるキャラ「やまーちゃん」、社員はリレーで「つぶやきバトン」を回す

f:id:nanotybp:20140204110718j:plain

http://p.tl/tQhz

eラーニングサービスなどを提供するNTTラーニングシステムズ(NTTLS)である。NTTグループというと何かとお堅いイメージもあるが、NTTLSはあの手この手で社内SNSの普及に努めてきた。

 

社内SNSを使い始めた企業で何が起きているか

f:id:nanotybp:20140204111149j:plain

http://p.tl/vTqU

多くの管理者が企業内SNSの不適切な使用を懸念している。専門家によると、企業内SNSには従業員の問題行動を抑制する効果があるという。

 

SharePointによる社内SNS基盤 導入事例 - KDDI株式会社 様

f:id:nanotybp:20140204111410j:plain

http://p.tl/ShaD

社内SNSは、通常、「カジュアルな社内コミュニケーションの場(ワイガヤの場)」として位置づけられることが多いようですが、今回の社内SNSでは、「ドキュメント共有によるフォーマルな知識共有」と、「自由なディスカッションによるカジュアルな情報交換」をバランス良く組み合わせた「社内ソーシャル情報基盤」を実現することを目指しました。

 

社内SNS導入時の7つのチェックポイントを押さえよう-導入・活用・定着時のありがちな失敗と対策

f:id:nanotybp:20140204111724j:plain

http://p.tl/oaYG

社内SNSを導入する際に注意してもらいたい7つのチェックポイントです。この項目に回答できない方はぜひ本連載を参考にして頂き、自社にとって使えるノウハウを持ち帰って頂けると幸いです。

 

社内SNSでコミュニケーション活性化を成功させる3つのポイント

f:id:nanotybp:20140204112018j:plain

http://p.tl/l8JJ

社内SNSを利用する社員やアルバイトなどのユーザーに、利用するメリットを伝えること

 

ビジネスモデルシフトを推進するためソーシャルツールを活用 ガリバー

f:id:nanotybp:20140204112322j:plain

http://p.tl/mz7t

IT戦略を担当する椛田泰行氏は、「社員一人ひとりの頭脳を生かすには、それらをつなぐ神経系が必要。1人の社員の考えが組織全体に伝わり、そこからさらにフィードバックを受けることで、考えが深まっていく。このような神経系があれば、企業内に埋もれていた暗黙知を可視化できる」と導入効果について述べている。

 

IBM事例に見る「社内ソーシャル」と「ソーシャルビジネス」の進め方

f:id:nanotybp:20140204112542j:plain

http://p.tl/87Ny

社内SNSの立ち上げを検討している方たち、そして推進方法に悩まれている方たちからの「方法や事例について教えて欲しい」というリクエストが増え続けています。 とりわけ「具体的な例を知りたい」「新しい事例が欲しい」「身近なケースがありがたい」という声が多いようです。

 

以上になります。
今回社内SNSの記事をまとめてみましたが、実際に検討するには試して見るのが一番なのではないでしょうか。多くの社内SNSには無料体験がありますので、ご利用してみてはいかがでしょうか。

 

<お電話でのお問い合わせはこちら>
TEL:054-626-3366(受付時間 夏季・冬季休業を除く平日9:00~18:00)
株式会社サンロフト 担当:山田・藁科(わらしな)

<ホームページからのお問い合わせはこちら>
nanotyBP(ナノティ・ビー・ピー)