読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社長のための社内SNS 『nanoty』 スタッフブログ

社内SNSの使い方をまとめたnanotyのスタッフブログです。

2014 エイプリルフールネタの反響はどうだったのか!?

エイプリルフールネタの効果とは

こんにちはnanotyBPスタッフの翔太です。

4/1に公開したエイプリルフールネタの「子供向けSNS大ヒット!!」の記事がGIGAZINEの「エイプリルフールに便乗しているサイトまとめ2014年版」にて紹介されました!大手企業さんのネタと一緒にまとめていただけて本当に感謝しております。

GIGAZINEさん、小さなブログのネタでしたが、取り上げてくださってありがとうございました!

今回はそんなエイプリルフールネタがもたらした反響を、アクセスログ解析を基にまとめてみました!来年は我が社も!と考えてらっしゃる企業さんは参考にどうぞ!

GIGAZINEにはこんな感じで取り上げてもらえました

GIGAZINE

※クリックすると拡大されます。 他社のエイプリルフールネタは取り除いたものになります。 実際はnanotyBPよりも上に多くの有名企業のエイプリルフールネタが掲載されております。

 

NAVERまとめはこんな感じでした

NAVERまとめ

こちらのまとめページだけで、109,477PV数、いいね!が128件、ツイート数が110件とかなり情報が拡散されていることがわかります。こうなると自然と自社サイトへのアクセスも多くなることがわかりますね。

 

1日のアクセス状況はこんな感じでした!

■4月1日の訪問者数

アクセスログ解析の結果

訪問者数はいつもの6倍以上という結果になっていました。

NAVERまとめから訪問数を伸ばしていましたが、夕方以降にGIGAZINEへ掲載されてからのアクセス数の伸びもすごかったようです。

 

参照元サイト

アクセスログ解析の結果

こちらのブログへ流れてきたユーザーの結果です。

やはりNAVERから流れてくる人が多いことがわかります。夕方に掲載していただいたGIGAZINEからのアクセスも全体の約3割でした。数時間でここまでアクセス率を伸ばすなんて・・・GIGAZINEさんのすごさを感じることができました。単独で特集を組んでもらったらものすごい数になりそうですねw

 

エイプリルフールネタについてまとめ

今回初めてエイプリルフールネタを公開しましたが、反響はまずまずだったように思えます。 やってみて感じたことは、とにかくネタを公開する企業が多い!!!ということ。 4/1に一斉にネタを公開するので、他社よりもインパクトのあるネタにしないと反響を呼ぶのは難しいと実感しました。特に大手企業の場合は取り上げられやすいので、我々のような名もなき中小企業のネタだとなかなか世の中に広まらず、身内だけで終わってしまうこともあります。 そんな中、GIGAZINENAVERに取り上げてもらえたのには、公開前に情報のリーク先をしっかりと把握することと、いかに自社の情報を拡散できるかが勝負だと思ってます。 うまく情報が拡散されれば、自然と反応も良くなってくるのではないでしょうか。

 

来年も・・・・やるのかな?

 

気になる『まゆみ先生』とは?

まゆみ先生とは?

今回の「子供向けSNS」で先生役として登場したフリー素材のお姉さんのことです。 こんな先生だったら真面目に勉強するよな~という社員の声から、こちらのブログでも登場していただきました。今後も編集後記系のまとめ記事には登場していただこうかな。

 

<お電話でのお問い合わせはこちら>
TEL:054-626-3366(受付時間 夏季・冬季休業を除く平日9:00~18:00)
株式会社サンロフト 担当:山田・藁科(わらしな)

<ホームページからのお問い合わせはこちら>
nanotyBP(ナノティ・ビー・ピー)